FC2ブログ
2人のコドモたちとハンドメイドのこと。
2019年 01月 17日 ( Thu)
先日のちびちびクッキーが楽しかったので、第2弾。
今度はスイートポテトパイに挑戦しました。
できあがりがこちら。

n01DSC01841.jpg


作る過程を簡単に。
まずは先日のクッキーと同じように、
ラップの上に小麦粉、マーガリン、三温糖、牛乳を適当に。

n01DSC01827.jpg


そしてこねこね、それを伸ばしてペタンコに。
何か丸く型抜くのにいいものないかなと探したら、
あったあった、これがぴったり。

n01DSC01829.jpg


丸く型抜いた生地の上に、細く切った生地をまわりにぐるっと。

n01DSC01830.jpg


中のポテトはというと、前日に焼いた焼き芋。
紅はるかという品種なんですが、焼き芋にしただけで
すっごく甘くてクリームみたいにやわらく、
ともは「これ、このままでスイートポテトやん」と言ってました。

n01DSC01832.jpg


そのお芋をスプーンでちょこっとすくってぺったり乗せます。

n01DSC01834.jpg


その上から、あみあみにした生地と細く切った生地をまたぐるっと乗せて、
溶きたまごをぬりぬり。

n01DSC01836.jpg


そしてオーブントースターで焼きました。
たまごを塗ってるので、焦げないように見ながら。

可愛くできあがり、大満足。
カットできるかなーと、チャレンジ。
少し割れましたが、なんとかカットできました。

りこが、シルバニアファミニーのお皿がちょうどいいんじゃない?と言うので、
きれいに洗って乗せてみました。
かわいすぎー。

n01DSC01849.jpg


中のポテトが、いい感じに見えています。
サイズの比較用に、10円玉と並べてみました。

n01DSC01846.jpg


できあがりを見たりこ、「これ、りこが食べていい?」と興味津々。
なので大きい方をりこが食べ、カットした一切れを私が食べました。
りこが持ったらこんな感じ。

n01DSC01851.jpg

なんかパックマンみたいですが。
こんなちんちくりんの一切れですが、ちゃんとお芋の味がしてました。
ちょっぴりですが。

今回のも楽しく作れました。
また何か作ろう。
 
スポンサーサイト
2019年 01月 15日 ( Tue)
休日のお昼ごはんに、豚まんを作りました。

n01DSC01870.jpg


前にも1度作ったことのあるレシピで、
わが家のみんなが大好きな『551』の豚まんに似ています。
 
今回もやっぱり美味しかった!
りこは食べながら、「中に肉汁がいっぱいたまってる!」と
見せてくれたり、楽しそうに食べてました。
アツアツなのでみんなでハフハフ言いながら。
中はほんとにシューシーで、肉汁したたる感じでした。

具の下になっている部分の皮がちょっと薄めだったので
次に作るときは、調整してみようと思います。


そして夜ごはんには、焼き焼きパーティー。
前に1度やったことがあるんですが、
たこ焼き器の穴で、それぞれ好きなものを焼いて食べようという
わが家のオリジナルメニュー。

前にやったときにすごく楽しかったようで、
「またやりたい!」と、りこにずっと言われてました。

肉やキノコ、エビ、じゃがいも、チキンナゲット、
お惣菜のウズラの卵のフライなんかも焼いてみました。

n01DSC01871.jpg


豚バラを焼いたら、落ちた油が穴の中にたまるんですが、
そこで塩茹でしたじゃがいもをじっくり入れておくとフライドポテトになる!と
みんな夢中に。

n01DSC01873.jpg

右側が油にじゃがいもを入れて揚げている(?)ところ。
じっくり待つと、左側のようにカリッとなります。
食べるとまるでフライドポテト。
熱々なので危険です。

ともは「ベビーカステラ作る」と言って、ホットケーキミックスを溶いて
そこに砂糖やらメープルシロップやら入れて調合し、それも焼いてました。

みんな焼くのに夢中で、「なんかあれこれ忙しいねぇ」と楽しそうでした。
油があちこち飛んで、テーブルの上がえらいことになりましたが
楽しい夕食になりました。
 
2019年 01月 13日 ( Sun)
クッキー続きになりますが。
りこが「クッキー作りたい!」と言うので、一緒にクッキーを作りました。
今度は普通サイズのクッキー(笑)。

りこの作ったクッキーたち。

n01DSC01860.jpg


昔はオリジナル感満載の楽しいクッキーを作っていましたが、
5年生ともなると、すっかり普通のクッキーを作るように。
きれいに作るようになったもんです。

焼いてる途中。
少しずつふっくらしてくるのでおもしろい。
ついつい見ていてしまいます。

n01DSC01857.jpg


こちらは私の天板。
顔だらけ(笑)。

n01DSC01865.jpg


サクサクでとっても美味しかったです。
結構甘さ控えめなんですが、りこはこっちの方が好きだそうで。
素朴なお味が好みのようです。

りこの作った分はおやつのときに食べたんですが、
昼間はともがいなかったので、
残りは夕飯のときにおつまみちっくに並べておきました。
夕飯にクッキーを並べるという斬新な食卓。
みんなじゃんじゃん食べて、完売しました。

美味しかったよ~。
りこ、ありがとう。
 
2019年 01月 10日 ( Thu)
突然の思いつきで、おもしろいもの作りました。
それがこちら、アイスボックスクッキー。

n01DSC01820.jpg


このクッキーの、どこがおもしろいかというと、
実はこれ、とってもミニサイズ。
10円玉と並べるとこんな感じです。

n01DSC01819.jpg

しかもこのクッキー、小麦粉などの材料で作っているので
ちゃんと食べられます。

ネットで食べられるミニチュアを見かけて、
おもしろそう!と思い、やってみたくなったという訳で。


作る過程、こんな感じ。
ラップの上に薄力粉、三温糖、マーガリン、牛乳をちょこっと。

n01DSC01806.jpg


そしてラップの上からこねこね。
ちょっと牛乳足りなかったので追加しましたが。
半分に分けて、片方にはミルクココアを少々混ぜこみ、
四角い棒状にしてラップでくるみ冷凍庫へ。

n01DSC01807.jpg


少し硬くなったところで一度取り出し、
4分割にカット。

n01DSC01808.jpg


それを市松模様になるように組み合わせて再び冷凍庫へ。

n01DSC01809.jpg


しっかり冷えたら取り出して薄く切ります。
1~2mmくらいにカットしました。

n01DSC01811.jpg


くっつかないホイルの上にパラパラと並べて
オーブントースターで5分ほど焼きました。
焦げるおそれありなので、少し弱めのピザモードで。

n01DSC01814.jpg


そしてちびちびクッキーのできあがり~。
焼ける頃にはクッキーの焼けるときみたいないい匂いがしてました。

n01DSC01816.jpg


場所によっては、ちょっと焦げ気味のものも。
トースターの中でも焼きむらあるようです。

n01DSC01817.jpg


このちびちびクッキーに、りこ、大盛り上がり。
「わ、かわいー!」
「え、これ食べれるん?」
「でもこれおなかいっぱいに全然ならんよね。」
「えー早く食べてみたい!」
と、発言連発。

焼けたそばから、4人に分けようと
豆皿を4枚持ってきてさっさと分けようとするので
「ちょ、ちょっと写真だけ撮らせて」と、6枚だけ確保しました。
あとの残りを4人分にせっせと分けてお皿に乗せてました。
豆皿に乗せても、あまりにもクッキーが小さいので
ちんまりとしかありませんでしたが(笑)。

食べてみると、ちゃんとクッキーっぽい味。
油分少なめなのでカリッとした食感でしたが。
測ってみたら1センチほどのサイズでした。

りこも嬉しそうにかじって食べてました。
可愛すぎて、食べるのがもったいないほどでした。
ともも「うーわ、かわい。」と言って、勉強しながらちびちび食べたようです。

お気づきかもしれませんが、クッキーのお皿にしてたのはこれ(笑)。

n01DSC01826.jpg


これをひっくり返して、天ぷら敷き紙を小さく切って敷き込みました。
ちびちびクッキーにぴったりだったわ。

今回のクッキー作り、分量なども適当だったけど上手くできました。
材料も少しあればできるし、楽しすぎでした。
また他にもちびちびで作ってみよ。
 
2019年 01月 09日 ( Wed)
先日初詣でに行ったときに、
子供たちそれぞれおみくじをしたんですが、
りこ、おみくじは大事に持っておくそうで。
なのでおみくじ入れを作りました。

n01DSC01801.jpg


水色がいいというので、ハギレの中からこの生地で。
たぶんりこが好きなのはもう少し淡い水色なんですが。
まぁ許してもらおう。

入れ口はスナップで留める仕様にしました。
こどもおみくじにぴったりサイズ。

n01DSC01802.jpg

今回のおみくじ入れ、なんと全部手縫い。
細かくちくちくしてたら結構疲れました。
ミシンってありがたいな。
copyright © 2019 さと all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
まとめ